FC2ブログ

ファインダーから見た鉄路

頭の中の理想をカメラを通して現実にする事に全力な撮り鉄のブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

トワイライトエクスプレス~大岸トンネル飛び出し~

6O7C0027.jpg
【2015年2月5日 室蘭本線 礼文~大岸】

ラッセル追っかけ後は一気に北海道を南下。寝台列車に転戦。

好天に恵まれて日の出30分後のえぇ光線の中通過して行きました。


その後は長万部S字にに移動し北斗星を撮影。

定時で来れば晴れてましたが30分遅れてきてドン曇りだったなんて口が裂けても言えません。

スポンサーサイト
  1. 2015/02/10(火) 23:16:05|
  2. JR北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宗谷ラッセル~雄信内俯瞰~

6O7C0008.jpg
【2015年2月4日 宗谷本線 雄信内~安牛】

今年も毎冬恒例の宗谷ラッセル修行をしに北の大地へ。

2日連続の晴れが続き線路に雪は少なく回雪状態、作業員のサービスでフランジャーやウイングを開いてもらうも

迫力のある雪かきシーンはあまり見れなかった。

天気が良ければいいと言う訳でもないのが宗谷ラッセル修行、雪が無ければ意味が無い。

その為地上戦は諦めて空中戦へ切り替えるため雄信内の斜面にアタック。

斜面を登り最上段へたどり着くとそこには別行動の会社の先輩方々が陣取られていたのでスペースに入れていただいた。世の中狭い。

挨拶もそこそこに風景を確認するとうっすらと幻の名峰、利尻富士の姿が見えていた。これは登って正解だった。

しかし世の中上手くいかないもので伝説の名峰たる所以、あれよあれよと雲の中に消えて見えなくなってしまった。

そして通過時間が近づきもうダメかと思った刹那、山頂だけがわずかながら姿を見せてくれた。

「パ〇ツはチラッと見えるのが良いけど山はガッツリ見えて欲しい」が自分の信念であるが腐っても利尻富士。

初めて写真に写せる事に感謝しラッセルを迎え撃った。美しい全貌を望めるのはいつになるのだろうか。

そのためにもまたこの地に来ないといけないと強く誓った。


その後は滑落しながら自然の滑り台でパパッと下山撤収。




  1. 2015/02/06(金) 19:55:41|
  2. JR北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

宗谷ラッセル

_MG_6615.jpg
IMG_6524.jpg
_MG_6640.jpg

北の大地へ行ってきました。

テーマ:鉄道写真 - ジャンル:写真

  1. 2014/02/08(土) 20:30:43|
  2. JR北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カイル

Author:カイル
鉄道写真一筋、写畜な男がカメラを通して感じだままに撮った鉄道写真のブログ。今日も新たなる鉄道風景を求め世界のどこかへ。

~カメラ~
Canon
EOS-R
EOS 7D
EOS 1
EOS 3
EOS 650
New F-1

PENTAX
67Ⅱ
6×7

Nikon
F2
F-501

TOYO
TOYOFIELD 45A

RICOH
TLS-401

HOLGA
120FN

~スキャナー~
EPSON GT-X970

~フィルム~
RVP50
RVP100
RDPⅢ
E100
E100VS

TRI-X
Pancro400

etc…

最新記事

最新コメント

カテゴリ

未分類 (6)
JR北海道 (3)
JR東日本 (15)
上越線 (1)
いすみ鉄道 (7)
富士急行 (1)
秩父鉄道 (2)
近鉄 (1)
大井川鉄道 (13)
衣浦臨海鉄道 (5)
小湊鉄道 (13)
ひたちなか海浜鉄道 (1)
京急 (2)
のと鉄道 (1)
黒部峡谷鉄道 (2)
北陸本線 (2)
わたらせ渓谷鉄道 (2)
東急 (2)
南部縦貫鉄道 (3)
東海道新幹線 (2)
江ノ電 (2)
只見線 (6)
東京モノレール (1)
小田急 (6)
模型風 (1)
水郡線 (1)
北総鉄道 (1)
鶴見線 (7)
岡見貨物 (1)
成田ゆめ牧場 (3)
神奈川臨海鉄道 (1)
箱根登山鉄道 (2)
廃線 (1)
台鉄 (1)
タイ国鉄 (2)

リンク

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

最新トラックバック

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。